月が綺麗な夜に

このブログは自分だけの世界地図を描き上げるための旅の記録

シアトルで学んだこと

f:id:tsukigakireinayoruni:20180806121820j:plain

 

こんばんは,天地 海人です.

 

シアトル留学から帰国し2週間が経ちました, 今回は簡単に僕がシアトルで学んだ4つのことを紹介します.

  

 

 

 

1. 目的を見失うな

 

語学留学なので僕の第一優先は英語の習得でした.  異国の地となると誘惑は多いです, しかし僕は帰国するまで一貫して英語の勉強を優先させました. 僕の言う勉強というのは机に向かってする座学だけでなく, 実際に街を歩いて周りネイティヴの人と話たり, 他の生徒と遊ぶことも含まれます.

そもそもなぜ僕は英語を学ぶのか?それは, 英語で世界中の人とコミュニケーションを取るためです. なので実戦で英語を使う機会も僕にとっては勉強でした.

 

 

2. 良き先生を求めるならば, 良き生徒であれ

 

中高6年間, 英語の成績はオール1だった僕が, 3ヶ月で英語が好きになり話せるようになったのは, この目的を見失わなかったためです.

それと, 僕の担任のエミリーは本当に素晴らしい先生でした. 彼女のおかげで英語が好きになったと言えます. しかし, 生徒の僕が学ぶ気がなかったら, ここまで成長しなかったと思います.

 

 

3. 違うことが当たり前

 

日本という国は特殊な島国文化だということがよくわかりました. 日本は人と違うことが異端とする風習があります. アメリカにはいろんな国から人が集まっていて, 見た目も考え方もみな違いました.  

 

 

4. やる

 

留学へ行く人の中には, やりたいことがないからとりあえず来たという人が, 3人に1人くらいいました. 僕も世界中を旅してオリジナルの世界地図を作るという漠然とした夢があるだけだったので, その1人になります.

しかし, 3ヶ月の間で, 僕の中で色々な変化がありました. 当初の夢は変わっていませんが, 明確に何をするかが見つかりました. それは日本を英語で紹介することです.

他国の人は富士山, 寿司, 天ぷら, 忍者(ナルト)しか日本のことを知りません. この事実を知った時, 僕は少し悔しい気持ちになりました.

ならば僕が日本の魅力的なことを紹介してやろうと決意したのです. ※このことについはまた詳しくお話ししたいと思います

 

以上4つが僕がシアトルで学んだことです. 

 

twitter.com

 

instagram.com