月が綺麗な夜に

自分だけの世界地図を作る旅のブログ

自己紹介

はじめまして天地 海人(アマチ カイト)といいます。

自由奔放なアラフォー男子です。

今日は僕が仕事を辞め、ブログを開設した経緯についてお話しします。

 

僕は今まで街の郵便局員から始まり、工事現場の肉体労働、キャバクラのマネージャー

飲食店の副店長、新規事業の代表責任者など、50以上の多種多様な仕事をしてきました。

 

「たくさんのお金を手にすれば自由は買える」と思い

一日16時間、休みは週1回有るか無いか、9年間がむしゃらに働いてきました。

 

「仕事は結果が全て」という固定観念が根付いた会社で

僕が手にしたものは、月25万円の収入とそれなりの信用。

 

「望んだものと全然違う」

しかし、僕は働き続けました。

 

真暗闇の中、他人が照らしてくれた光の先を誰かと追っかけっこ。

 

お金と地位があれば、豊かな生活が待っている。

幸せになれる。

 

競争と嘘の世界。

 

「疲れた、しんどい」

そんな心と体の叫びを無視してひたすら走る。

  

「抜け出したい。抜け出したい。他人より抜け出したい」

と、もがき続けました。

  

「もうえぇわ」

心のため息とともに、僕の気持ちは切れてしまいました。

 

仕事を辞めたのは何か大きな失敗や、前向きな理由があったわけじゃない。

 

不安と恐怖が僕の仕事の原動力で

「もうえぇわ」となった瞬間、不安と恐怖がなくなり働くエネルギーがなくなった。

 

空っぽになった僕は自由になった。  

 

将来のことなんかよりも、今この瞬間を楽しもう。

 

重要な人ではなく、大切な人と楽しい時間を過ごそう。

 

ドキドキすること、ワクワクすることを

純粋に楽しもう!

 

時間はかかったけど

これだけは、はっきりと言い切れる。

 

「できるできないを考えていたら行動せずに時間だけが過ぎる」

 

これまで、他人の書いた地図を手掛かりに生きてきた僕がいました。

 

これからは、真っ白なキャンパスに僕だけの地図を描き

旅に出るんだ。

 

 「僕の人生は僕が一番楽しむ権利がある!」

 

それが僕のコンパスで、僕だけの地図を片手に世界中を回り

 

僕の足で歩き、僕の目で確かめて

 

「見たもの、聞いたこと、感じた気持ちを僕の言葉で伝えていこう」  

その想いからこのブログを開設しました。

 

 

 

 

36歳、無職。

 

 

 

この男は果たしてどうなるのか?